【緊急事態宣言】大阪府の具体的な要請は?

f:id:shigounotfound:20200411052325j:plain

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、緊急事態宣言が出された大阪府の対応でわたしたちに深く関係があるものをまとめました。(2020年4月10日現在。)

 

4月7日、緊急事態宣言が出され東京都が対象となりましたが、具体的にはどのような要請が大阪府民にされるのかが重要ですよね。

まとめると生活の維持に必要ない外出、特に夜間の外出への強い自粛の要請がなされ、施設の休業要請は13日に判断されることとなっています。
 

 

生活の維持に必要ない外出、特に夜間の外出は強く自粛

大阪府全域を対象に外出の自粛を4月8日0時から5月6日までの期間、要請されました。
 
特に密室・密接・密閉の3密が重なりやすい、夜の繁華街への外出は強く自粛を求められています。
 
生活を維持するために必要な外出である通院、通勤、食料や日用品等の生活必需品の買い出し、健康を維持するための散歩などの運動は自粛要請の対象ではありません。
 
職場への通勤は生活の維持に必要な外出とされていますが、在宅勤務や時差出勤などの取り組みを強く要請されています。
 

施設への休業要請は13日に実施するかを判断

大阪府は当初は外出自粛の効果を見極め、緊急事態宣言から2週間後に施設の使用制限を行うか判断するとしていましたが、感染拡大を受けて13日に実施するかどうかを判断すると決めました。
実施されることになると、東京都の要請とかなり近いものになるとのことです。
 

  

使用制限を検討されている施設一覧(※4月7日時点)

遊興施設

キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、 ヌードスタジオ、のぞき劇場、ストリップ劇場、 個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、 射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、ライブハウス 等
 

劇場等

劇場、観覧場、映画館、演芸場
 

集会・展示施設

集会場、公会堂、展示場
 

運動施設、遊技施設

体育館、水泳場、ボーリング場、スポーツクラブなどの運動施設、 マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターなどの遊技場 等
 

文教施設

小・中学校、高校
 

大学・学習塾等

大学、専修学校、各種学校などの教育施設、自動車教習所、 学習塾など
※床面積の合計が1,000平方メートルを超える施設。床面積の合計が1000平方メートル以下の施設には適切な対応の協力依頼となる。
※但し、床面積の合計が100㎡以下においては、適切な感染防止対策を施した上での営業
 

博物館等

博物館、美術館、図書館
※床面積の合計が1,000平方メートルを超える施設。床面積の合計が1000平方メートル以下の施設には適切な対応の協力依頼となる。
 

ホテル又は旅館

ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)
※床面積の合計が1,000平方メートルを超える施設。床面積の合計が1000平方メートル以下の施設には適切な対応の協力依頼となる。
 

商業施設

生活必需物資の小売関係等以外の店舗、 生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗
※床面積の合計が1,000平方メートルを超える施設。床面積の合計が1000平方メートル以下の施設には適切な対応の協力依頼となる。
※但し、床面積の合計が100㎡以下においては、適切な感染防止対策を施した上での営業。
 
 

規模や屋内外を問わない全てのイベントの自粛要請

クラスター感染を防ぐため、地域の行事からコンサートなどといった文化的イベント、講演会やスポーツ行事などを、規模や屋内外を問わず、全てのイベントを自粛するよう主催者に要請されています。
 

緊急事態措置についての相談窓口の設置

新型コロナウイルス感染症による緊急事態措置について、大阪府民からの相談に応じるための専用のコールセンターが設置されました。
 
コールセンター

電話:06-4397-3299

FAX:06-4397-3295

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日を除く。)

※2020年4月11日(土)及び4月12日(日)は営業